【コラム】:平成29年交通事故死者数 愛知県全国ワースト

2018-01-12

警察庁によると,平成29年の全国交通事故死者は3694人となりました。
愛知県内の死者数は200人,負傷者数は4万7833人となっています。
愛知県内の交通事故死者数は15年連続で全国ワーストとなり,車の安全性能の向上などにより減少しているものの,平成29年も非常に多くのご遺族が交通死亡事故の被害で苦しんでいます。

 

死者数を年齢層別にみると,65歳以上の高齢者は110人となり,全体の半数以上を占めています。高齢者が交通死亡事故の被害に遭われた場合,損害賠償を請求する際に問題となるのが、死亡逸失利益(生きていれば得られるはずであった収入など、交通死亡事故によって失われた利益のこと)です。
高齢者といっても,仕事をされている方,家事従事者の方,年金を受給して生活されている方など様々な方がいますので,何を基準に死亡逸失利益を算定するかが争点になることが多くあります。
死亡逸失利益は,一般的に,死亡事故の賠償項目でもっとも高額となりますので,適正な算定方法で算定することが非常に重要となります。

 

また,当事者別にみると,自転車乗車中の事故による死者数が35人となり,大幅に増加しています。
近年,ロードバイクや電動アシスト自転車が普及し,自動車と違い免許が不要で気軽に乗れることから,小さいお子さまからご高齢の方まで,たくさんの方が自転車に乗っています。
自転車による交通事故は,衝撃が生身に伝わるということもあり,死亡事故につながりやすくなります。
自転車事故の場合,過失割合が問題になることも多いですが,死亡事故は賠償額が高額となるため,1割の過失割合で受け取れる金額が大きく変わりますので,適正な過失割合で解決することが非常に重要となります。

 

しまかぜ法律事務所の代表弁護士井上昌哉は,他の弁護士とケタ違いの交通死亡事故の依頼をいただいています。高齢者や自転車事故をはじめとする交通死亡事故の実績が豊富で,交通死亡事故ならではの交渉方法を熟知しています。また多数の医療機関や自動車会社の顧問を任されるなど,医療知識や工学的知識など専門的知識に長けています。
ご家族が死亡事故に遭われお困りの方は,ぜひ,しまかぜ法律事務所にご相談ください。

 

Copyright(c) 2014 しまかぜ法律事務所 All Rights Reserved.