交通事故に強い弁護士の選び方

得意分野、実績などは、弁護士によって様々です。交通事故の解決には、交通事故を専門にして、交通事故に強い弁護士を選ぶ必要があります。

交通事故に強い弁護士の選び方ポイント

・専門知識に詳しいこと
・実績があること

しまかぜ法律事務所の代表弁護士井上昌哉は、豊富な医療知識や工学的知識だけでなく、多数の医療機関、自動車会社と連携しており、依頼者を全面的にサポートすることができます。

また、個人で年間300件以上という他の弁護士とはケタ違いの交通事故案件のご依頼をいただいており、交通死亡事故や重篤な後遺症からむち打ちまであらゆる案件の実績があります。

交通事故に強い弁護士でお悩みの方は、専門知識に詳しく、実績を備えているしまかぜ法律事務所にお任せください。依頼者を確実に最後までサポートいたします。

~過去の事例~

〈1〉頸部挫傷(後遺障害14級)

保険会社の提示額130万円

交通事故の成功事例

示談において、310万円で解決

保険会社は、被害者が失業中であることを理由に逸失利益0円、慰謝料は任意保険基準の低額で提示。

依頼者から相談を受け、被害者に就労の可能性が高く再就職により得られるであろう収入を基準に逸失利益を認めるべき、また弁護士基準で慰謝料が認められるべきとして交渉し、310万円で解決に至った。

310_kaiketu

 

〈2〉高次脳機能障害(認知症)(後遺障害7級)


保険会社の提示額1,000万円

交通事故の成功事例

示談において、2,100万円で解決

保険会社は高齢者であることから低い逸失利益を提示。また、休業損害や慰謝料も任意保険基準の低額で提示。

依頼者より相談を受け、高齢者であっても家事を手伝って十分な逸失利益を認めるべき、また弁護士基準で休業損害や慰謝料が認められるべきとして交渉し、2,100万円で解決に至った。

2100_kaiketu

 

〈3〉交通死亡事故


保険会社の提示額3650万円

交通事故の成功事例

示談において、7800万円で解決

死亡事故の場合、保険会社は3000万円を限度で自賠責から回収可能。それ以上の支払は保険会社の自己負担となるため、できる限り3000万円に近い金額で提示を行うことが多い。
依頼者から相談を受け、弁護士基準で慰謝料、逸失利益が認められるべきとして交渉し、7800万円で解決。

7800_kaiketu

 

〈4〉過失が争点となった事故


保険会社の提示 相手方:依頼者=0:100

交通事故の成功事例

裁判において、相手方:依頼者=100:0で解決

信号機のある交差点での出合い頭事故。目撃者はおらず、相手方は「依頼者が信号無視をした」、依頼者は「相手方が信号無視」をしたと真っ向から主張が対立したため、示談による解決は難しく訴訟提起を行った。
信号サイクルや現場図をから十分な尋問準備を行い、相手方から信号無視をした供述を引き出すことに成功した。また自動車の損傷状況による工学的な視点からして、依頼者に速度超過もないという証明が成功して、相手方:依頼者=100:0の勝訴判決を獲得した。

 

お問い合わせ・無料法律相談

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 しまかぜ法律事務所 All Rights Reserved.