自転車事故の加害者の方へ

自転車愛好家の増加により、自転車事故は急増しています。もし、自転車事故の加害者になってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

まず、自身で利用できる保険がないか確認してください。 
個人賠償責任保険に加入しているか任意保険に自転車事故対応の特約がついていないか、ご確認ください。また、家族が加入する保険で使用できる保険がないか、ご確認ください。

利用できる保険がない場合、賠償金を自己負担しなければいけません。自転車には、自動車のような自賠責保険がないため、自賠責保険を使用することはできません。

交通事故の加害者になってしまった以上、被害者には誠心誠意の対応をすべきですが、過度な請求にまで応じる義務はありません。

自転車事故が急増する一方、自賠責保険のような保険制度がないため、自転車事故の加害者は1人で悩みを抱え込んでいる現状にあります。過度な請求をされても、相談するところがなく、何が適正な金額が分からない人も多数いるのではないでしょうか。

しまかぜ法律事務所は、自転車事故の加害者の方のご相談もお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ・無料法律相談

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 しまかぜ法律事務所 All Rights Reserved.