弁護士に相談する最適なタイミング

“今日交通事故にあった”
“保険会社から治療費を打ち切られた”
“後遺症認定の紙がきた”
“保険会社から賠償金額の提示がきた”

交通事故に遭うと休業による損害を被ったり、保険会社とのやりとりに時間を取られたり、大変な手間がかかります。

では、いつ弁護士に相談したらいいのでしょうか。

まだ早すぎる・・・?
もう手遅れだった・・・?

弁護士に相談するタイミングは、早ければ早いほど良いです。

交通事故の被害に遭ったら直ぐ、いくつかの問題に直面します。
治療費の支払対応を相手方の保険会社(対人対応)か、自分の保険会社(人身傷害対応)のどちらにしてもらうか。健康保険を使うべきか。労災を使うべきか。
何が正解かは、事案により異なります。ご相談いただければ、もっとも適正な方法をアドバイスいたします。
人身傷害?搭乗者傷害?保険の話しは難しく、考えるだけで時間を取られ、ストレスも感じます。
弁護士に依頼いただければ、全ての対応を弁護士が承りますので、保険会社とのやり取りは一切なくなります。弁護士がもっとも適正な方法を選択しますので、依頼者は治療にだけに専念すれば良いのです。

また、弁護士なしでは、保険会社や医療機関に症状を過小評価されてしまうことがありますが、弁護士がサポートすることにより適正な期間、適正な治療を受けることができ、適正な後遺症等級を獲得することで十分な賠償金額を受けることができます。

もちろん、後遺症認定後でも、等級に納得がいかず異議申し立てをしたり、等級は納得できるが賠償額に納得できない方の依頼を受けることも当然可能です。

 

お問い合わせ・無料法律相談

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 しまかぜ法律事務所 All Rights Reserved.