相手方・保険会社の対応に納得できない方へ

交通事故に遭うと、車の修理や治療のために、相手方や保険会社とのやりとりが必須となりますが、その中では、「相手方から一向に連絡がない」「自分は悪くないのに、過失があると言われた」「いきなり治療を打ち切られた」「相手方の対応が威圧的で困っている」等、被害者自身では対応しきれない問題が数多く出てきます。
そういった際、自分で対応することは大変な労力を費やすことになり、ストレスもかかかります。
弁護士に依頼をすれば、すべての窓口は弁護士となり、被害者が交渉することは一切なくなります。弁護士はもっとも適正な方法を選択しながら、弁護士基準(裁判基準)での解決にあたります。

以下によくある問題をあげてみます。

<加害者との話が全く進まない!>

加害者が任意保険に加入していない場合、加害者と示談交渉を進めていく必要があります。
被害者の加入する任意保険に車両保険があれば、使用するかどうかの選択ができますが、車両保険を使用すれば等級は下がり保険料が上がります。
なぜ被害者なのに車両保険を使用しなければいけないのか!と大きな憤りを感じる方は少なくないと思います。

加害者が支払に応じないばかりか、連絡が無いことや連絡しても連絡が取れないケースもあります。このようなケースでも、弁護士が交渉すれば態度を一転させ、修理費を問題なく回収できるケースは多くあります。また、裁判をすることで、勤務先の給与などの財産を差し押さえすることも可能です。

<保険会社の対応が不安・・・>

多くの人が任意保険に加入しているので、被害者は、加害者が加入する保険会社の担当者と示談交渉することが一般的です。 保険会社の担当者は、交通事故を専門としている交渉のプロであり、保険会社独自の損害賠償基準によって示談を行います(任意保険基準)。車の修理や治療、休業損害等について、難しい言葉を羅列して交渉されたら、威圧的に感じてしまい、気が引けるものです。その結果、“保険会社の人が言うことなら間違いないだろう”“慰謝料はこんなもんだろう”と、不適正な内容で承諾してしまうことがあります。

弁護士が交渉すれば、弁護士が窓口になるため、保険会社からの連絡は一切なくなり、被害者は交渉のストレスから解放されます。弁護士は、交通事故のプロ中のプロですので、保険会社からの不合理な提示には的確に反論を行います。

<保険会社が提示してきた金額に納得いかない>

保険会社は「いかに払い出す金額を抑えるか」を考えて交渉しています。保険会社の提示する賠償額は任意保険基準といいますが、任意保険基準は、弁護士基準(裁判基準)を大きく下回ることが一般的です。

弁護士に依頼をすると、保険会社の提示内容を十分に検討し、不合理な点については的確に反論してもらえるだけでなく、弁護士基準(裁判基準)を前提とした示談交渉を行うため、保険会社から提示された賠償金より高い支払額が期待できます。
実際に、しまかぜ法律事務所でご相談された多くの方が賠償金の増額を実現していまいます。

<過失割合に納得いかない>

「過失割合」とは、「事故の原因となった不注意がお互いに何%ずつあったか」ということです。双方に過失がある場合、その過失割合に応じた過失相殺によって損害賠償がなされることになるので、交通事故の損害賠償に深くかかわってきます。

過失割合の1割は、賠償額に大きく関わってきますので、保険会社が、依頼者に不利な提示を行うことは数多くあります。
保険会社の示した過失割合を鵜呑みにせず、しまかぜ法律事務所にご相談ください。 

被害者の思いを根拠付ける資料を取り寄せて精査し、主張することで過失割合が変わる可能性は十分あります。

 

お問い合わせ・無料法律相談

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 しまかぜ法律事務所 All Rights Reserved.